忍者ブログ

コペンハーゲン通信2

デンマークの生活で思ったり考えたりした事を徒然に書き留めていこうと思います。 ヴィンテージ雑貨やオリジナル雑貨のお話も。

2017.12│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/Dec
Monday
20:18:29 Comment(-)
Trackback(-)

マルメの小さな博物館 ~リビング編~





続いてはゲストルームとリビング・ダイニングルームです。
とはいっても限られてスペースしかありませんので全てを兼ねたお部屋です。



細かな装飾がかわいいです。
このチューリップの生けてある花瓶、
いつのものなのかは分かりませんがすごく素敵。
















ストーブでしょうか?年代を感じます。
そういえば昔買った洋書のインテリアの本に
これに似たものが載っていました。
存在感ありますね。



でもこのお部屋でもっと存在感があるのが写真のシェルフ。
広さに対してかなりの割合を占めています。
でも優雅でとても素敵。
こういうのって何を飾ろうか考えるだけでも楽しいですよね。



道に面した大きな窓の間に大きな鏡があります。
部屋を広く見せる工夫でしょうか?
さんさんと光が入って、今の季節は明るくていいですね。



隣のお部屋とはカーテンで仕切ってあります。
壁や扉よりも圧迫感がなくて良いですね。
カーテンは刺繍を施したものです。
きっと長い冬の間にチクチクと仕上げていったのでしょうね。



小さいながらも読書コーナーがあります。
ここで本を読んだりお手紙を書いたりしていたのでしょうね。
こういうのってなんだか好きです。



ここは北欧スウェーデン、長くて寒い冬を越すために
一部屋に一台ストーブがあります。
これもまたかわいい・・・。



昔の女性は何でも出来たんですね。
ミシンコーナーもちゃんとあります。



部屋を見渡しながら昔はどんな生活をしていたのかな?
と思い巡らすのも楽しいものです。



こちらでよく見かけるのですが大きなお皿や銀食器は
こんな風に壁に掛けられています。
これもまた見せる収納ですね。



今でも充分使えそうなアイディアいっぱい、
とても興味深いインテリアでした。

そして最後にまたチューリップ。
よく見ると敷いてあるマットもかわいいぞ。






PR
2007/May
Sunday
20:11:18 Comment(2)
Trackback(0)
*COMMENT-コメント-
▽ストーブかわいい!
こんなストーブはじめてみました。かわいいね。北欧特有なのかな?
▽Aneさん
アメリカではこういうの見たことはない?

普段の生活に使われるものがこんなにかわいいと
なんかそれだけで幸せだよね。
*COMMENT FORM-コメント投稿-
  • この記事へのコメント投稿フォームです。
Name:
Title:
Mail:
Url:
Color:
Decoration: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Message:
Pass: ※編集時に必要です。
Secret:  ※チェックすると管理者へのみの表示となります。 
*TRACKBACK-トラックバック-
  • この記事のURLとトラックバックURLです。
  • 必要に応じてご使用くださいませ。
この記事のURL▼
この記事のトラックバックURL▼
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
お知らせ


雑貨のページは
ここからご覧頂けます。
デンマークで見つけた
かわいい雑貨



メールはこちらにお願い致します。 dkzakka@gmail.com

コメント
[05/30 mochi]
[03/20 mochi]
[03/19 lentelente]
[03/18 mochi]
[09/09 アルネママ]
It searches in this Blog.
translation
access search