忍者ブログ

コペンハーゲン通信2

デンマークの生活で思ったり考えたりした事を徒然に書き留めていこうと思います。 ヴィンテージ雑貨やオリジナル雑貨のお話も。

2019.10│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2019/Oct
Friday
03:06:03 Comment(-)
Trackback(-)

Lundby rare items collection



スウェーデンのドールハウスメーカーLundbyの
今ではなかなか見つけることの出来ない
ドールハウス用小物をご紹介します。



1940年代からもちろん今でもドールハウスを
作り続けているLundby。
新しいものももちろんかわいいですが
ヴィンテージの小物たちは
夢があって見ているだけで楽しくなります。

















ケージに入ったかわいい小鳥。
ちゃんとえさの容器が一緒にあるところがよく出来ています。
ピヨピヨと鳴く声が聞こえてきそう。



こちらのミシンも今でもとても人気があるアイテムです。
小さいものなので無くしてしまうことが多いのか
なかなか見つけることができません。
ミシン台もまたとてもかわいいのですが
そちらはまだ実物を見たことがありません。
本当にたくさんの小物がありますね。



そして長くつ下のピッピのテレビ!
文句なしにかわいいです。
本体が木製のところと
足が付いているのも年代を感じさせます。
国によってブラウン管の中の絵や
壁掛け用の絵が違うんです。
イギリスは王室人気がたかいので
女王陛下の絵画やパレードの様子が写った
テレビなどがあります。



Lundbyに限らず見つけるとなぜか
とても気になってしまうセントラルヒーティング。
プラスティック製で壊れやすいからか
なかなかお目にかかれないアイテムのひとつです。



Lundbyの家具の中でも椅子が大好きで
ついつい集めてしまいますがこちらはオットマン。
お揃いの柄の一人掛け用ソファも
もちろんかわいいですが
オットマンはなかなかのレア度です。



長い足の付いたバードケージ。
中にはちゃんと鳥が2羽いるんですよ。
グリーンとホワイトの色合いもかわいいですね。
このバードケージがあるだけで
ドールハウスが優雅になりそうです。



最後はLundbyのドールハウス用ドールハウス。
家具を見ると1970年代のものでしょうか。
赤い屋根にレンガの壁、
ずっと眺めていたくなるかわいさです。

全てのこものたちは順番に
dkzakkaにてご紹介させて頂く予定です。















PR
2011/Jan
Friday
08:14:48 Comment(0)
Trackback(-)
*COMMENT-コメント-
*COMMENT FORM-コメント投稿-
  • この記事へのコメント投稿フォームです。
Name:
Title:
Mail:
Url:
Color:
Decoration: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Message:
Pass: ※編集時に必要です。
Secret:  ※チェックすると管理者へのみの表示となります。 
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
お知らせ


雑貨のページは
ここからご覧頂けます。
デンマークで見つけた
かわいい雑貨



メールはこちらにお願い致します。 dkzakka@gmail.com

コメント
[05/30 mochi]
[03/20 mochi]
[03/19 lentelente]
[03/18 mochi]
[09/09 アルネママ]
It searches in this Blog.
translation
access search